なぜローコストなのか|コンクリート住宅専門工務店のJET

なぜローコストなのか

ローコストの理由  ーその1ー 予算コントロール


施主様の工夫次第でトータルコストをかなり抑えることが出来る「スケルトンシステム」を採用

コンクリート住宅ローコストの理由Aさん家族の場合 地震速報を見ているA家族
地震に強い家以外は、破損などの被害がありました。
コンクリート住宅を提案する奥様
JETのコンクリート住宅を注目していたというご主人。
JETのコンクリート住宅はコストも安くする工法なんだとか。

※快適な無結露の室内を保つためには、いくつかの「住まいのポイント」があります。

後日、JETにて契約。

※個人のお客様は、B・C・Dをお勧めします。

※スケルトンAは最も基本的なスタイル。以後、B→C→Dの順番で工事内容が増えていきます。スケルトンDは、全てを一括受注するスタイルで一般的なハウスメーカーの受注タイプがこれに当たります。

JETのスケルトンシステムにすればコストダウンしやすいことに気付いたご主人

奥様も気になる家具や設備があったようです。
コンクリート住宅建築計画

※JETの「無結露 鉄筋コンクリート住宅 スケルトンシステム」は、4種類の発注スタイルと3種類の断熱構造タイプを組み合わせ、選択するシステムです。
※スケルトンA・B・Cは、設備等の選定や購入は、お客様ご自身にお任せしております。
※スケルトンDは、一般的なハウスメーカーと同様、設備等一括受注です。

住みながら快適な設備を追加できるのも魅力 JETのスケルトンシステムを選んだ主な理由(まとめ)